肩こりや頭痛がひどい・しっかり噛める入れ歯がほしい

肩こりや頭痛の原因は乱れた咬み合わせかもしれません

肩こりや頭痛の原因は乱れた咬み合わせかもしれません

咬み合わせの乱れは口元の見た目だけに影響する、とお考えではありませんか? 実は、乱れた咬み合わせは口元の見た目はもちろん、お口や全身の健康にも深く関係しているのです。

【乱れた咬み合わせの影響】

  • 歯みがきがしづらくなることからプラーク(歯垢)などが溜まりがちになり、虫歯や歯周病、口臭を引き起こしやすくなる
  • 偏って噛むことが多くなることで特定の歯に余計な負荷がかかり、割れや摩耗、グラつきを引き起こす
  • 偏って噛むことが多くなり、顎の筋肉などに余計な負荷がかかり全身のバランスが崩れることで、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こすことがある
  • 見た目が悪くなることによりコンプレックスにつながる
  • 発音が不明瞭になることがある(会話をすることがストレスになることも)

原因不明な頭痛や肩こりなどがある場合、もしかしたら咬み合わせの乱れが原因かもしれません。まずはお気軽にご相談ください。

乱れた咬み合わせの改善には矯正治療をはじめとしてさまざまな方法があります。当クリニックでは患者様の症状をお伺いし、症状に合った治療法をご提案しています。

矯正治療

矯正装置で歯を移動させ、根本から咬み合わせを整えます。
>>矯正治療についてくわしくはこちら

補綴治療

歯の欠損や詰め物・被せ物の不具合により咬み合わせが乱れることがあります。インプラント治療や入れ歯治療、審美修復(セラミック)治療などの補綴治療によって正しい咬み合わせへと導きます。

薬物治療

筋肉が固まって口が開かない場合には薬物を使用し、筋肉をほぐす、といった治療も行っております。

ページ上部へ戻る

しっかり噛める入れ歯がほしい ~入れ歯治療~

入れ歯治療とは

入れ歯治療とは

入れ歯治療とは、インプラント治療と同様に、失った歯の機能を取り戻す一般的な治療法です。ただ、入れ歯に対して「痛い」「噛めない」「目立つ」「外れる」といったマイナスイメージをお持ちの方は少なくないでしょう。ですが、近年はこれらのマイナスイメージを払拭する見た目・機能性に優れた自費の入れ歯が数多く登場しています。

今や、入れ歯でも十分に食事ができ、会話ができる時代です。当クリニックでは、自費・保険を問わず、お口にぴったり合った入れ歯をおつくりしています。入れ歯を検討している方、現在お使いの入れ歯に不満をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

自費の入れ歯と保険の入れ歯

入れ歯には自費診療のものと保険診療のものがあります。以下にその違いをご紹介しています。

自費の入れ歯 保険の入れ歯
目的 自然な見た目、快適な噛み心地の回復 最低限の機能回復
素材 自由 制限あり
構造 自由 制限あり
見た目 自然で入れ歯をしているとわからない 目立つ(入れ歯だとわかりやすい)
噛み心地 硬いものも噛める 硬いものが噛みづらい
費用 高額 安価
治療期間 長い 短い
その他
  • 装着時の違和感が極めて少ない
  • 周囲の歯や歯ぐきへのダメージを抑えたものが多い
  • 味や温度が伝わりにくく、食事が楽しめない
  • 厚いつくりなので装着時に違和感があることがある

当クリニックの取り扱い入れ歯(自費)

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
金属のバネ(クラスプ)がない入れ歯です。見た目が自然に仕上がるうえに、素材が薄くやわらかいのでフィット感にも優れています。変色しにくいのもメリットです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー
入れ歯と残っている歯根に磁石(マグネット)を取り付けて、磁力で固定する入れ歯です。ズレたり外れたりすることがなく、硬いものでもしっかり噛めます。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに当たる部分が金属でできた入れ歯です。薄くつくれるため、装着時の違和感が軽減されるほか、味や温度が伝わりやすいため食事を楽しめます。

なお、当クリニックでは2種類の金属に対応しています。
チタン:軽くて丈夫。金属アレルギーの心配もほとんどありません。
コバルトクロム:若干重みがありますが丈夫です。

入れ歯のお手入れについて

1.常に衛生的に

1.常に衛生的に

やわらかい歯ブラシでやさしく洗浄しましょう。そのとき、歯みがき粉は傷や摩耗の原因となりますので使用は控え、入れ歯洗浄剤を使用しましょう。なお、残った健康な歯をきちんとみがいておくことも入れ歯を長持ちさせるために大切です。

2.乾燥に注意

2.乾燥に注意

外している間は、全体を水に浸しておきましょう。容器がない場合は濡れたハンカチなどで包み、できるだけ乾燥を防ぎましょう。

3.乱暴は厳禁

落とすと変形・割れの原因になることがありますので、取り扱いには十分注意しましょう。

4.定期検診を受診

入れ歯は定期的な調整が必要になります。定期的に歯科医院に通いましょう。また、入れ歯が当たって痛いなど違和感が出たら、我慢せずに早めにご相談ください。

ページ上部へ戻る