歯が痛い・子供の歯をケアしたい

一般歯科根幹治療口腔外科小児歯科

歯が痛い・しみる ~一般歯科~

虫歯のサイン 早めの対策が治療の負担を軽減します

冷たいもので歯がしみる・・・
甘いものを食べると歯が痛い・・・

このような症状があらわれたら、それは虫歯かもしれません。虫歯は初期の自覚症状に乏しい病気のため、このような症状がある時点である程度進行している証拠。自然治癒することはなく、放っておくと最悪の場合歯を失うことになってしまうため、早めの対処が重要です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

c0

c0

【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

c1

c1

【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

c2

c2

【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

c3

c3

【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

c4

c4

【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラント入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。
ページ上部へ戻る

重度の虫歯の治療 ~根管治療~

根管治療とは

根管治療

虫歯が神経に達すると、抜歯リスクが高くなります。そこで、抜歯を避けるために行うのが「根管治療」です。根管治療とは、神経や血液などが入っている「根管」から虫歯菌に冒された神経や血液などを取り除いたあと洗浄・消毒し、専用の薬剤を詰めてフタをし、最後に被せ物を被せる治療です。根管治療により、大切なご自分の歯を残すことができます。

拡大鏡を用いた根管治療

マイクロエンドサージェリー

根管は細く複雑な形状をしており肉眼では確認しづらいため、根管治療は難易度の高い治療になります。当クリニックでは根管治療を確実に行うため、 10倍の拡大率を持つ拡大鏡サージテルを使用しています。

サージテル公式HPへ

その他の施術 ~口腔外科~

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは、奥歯のそのまた奥に生えてくる歯で、生えてくる人と生えてこない人がいます。また、生えてきても斜めに生えてきたり途中まで生えてあとは歯ぐきに埋まったままだったりと、正常に生えてこないケースも多くあります。

正常に生えていれば問題ありませんが、上記のように正常に生えていない場合、抜歯が必要になります。ブラッシングのしづらさから虫歯や歯周病を招きやすくなったり、炎症を起こしたり、親知らずが隣の歯に圧力をかけて歯列を乱したりすることがあるため、必要に応じて抜歯を行います。また、親知らずの周辺は血管が張り巡らされているため、当院ではCTで3D的に検査し、確実に治療をする場合があります。

親知らずを抜歯するかどうかはご自身では判断しづらいものです。親知らずについてはお気軽に当クリニックまでご相談ください。

歯牙移植

「歯牙移植」とは、なんらかの理由で歯を失った場合に、親知らずなどの不要な歯を抜歯し、失ってしまった歯の部分に植えて噛む機能を回復させる方法です。本来の噛み心地を取り戻すことができるだけでなく、ご本人の歯を用いるため拒絶反応を起こすことがなく、安定した治療結果を望むことができます。CTで検査した結果、歯牙移植が適切な治療法であると診断された場合、歯牙移植いたします。

再植

交通事故やケガなどにより脱落してしまった歯を、再び元の場所に戻す処置です。抜けてしまった穴、抜けてしまった歯の歯根をきれいにクリーニングして戻すことで、歯の本来の機能を回復させます。再植後は、ワイヤーなどで隣の歯に数週間固定するケースもあります。

ページ上部へ戻る

子どもの歯をケアしたい ~小児歯科~

親御さんとドクターの二人三脚で子どもの歯のケアを

親御さんとドクターの二人三脚で子どもの歯のケアを

小児歯科では、お子様を対象に虫歯の治療や予防、乱れた歯並び・咬み合わせを整える治療を行います。歯医者に苦手意識を持つお子様は少なくありませんが、そのまま虫歯や歯並びの乱れを放っておくと、後々になってお口の健康状態を損なってしまいます。お子様のお口の健康を維持するためには、親御さんのご協力のもと、小児歯科を受診していただくことが大切なのです。

まずは、歯科診療に対して正しい知識を持ち、お子様にやさしく教えてあげましょう。「歯医者はお口を健康にしてくれるところ」「楽しくご飯を食べたり、元気に遊んだりするために通うところ」と。そして、治療後は「えらかったね」「よくがんばったね」とほめてあげましょう。

また、お子様はママやパパがそばにいれば治療も自然と怖くなくなるものです。当クリニックでは診療時に親御さんに同席いただくことも可能ですので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

ナガイデンタルクリニックの小児歯科診療

歯みがき指導
歯みがき指導 歯みがき指導 歯みがき指導 歯みがき指導

健康なお口を維持するためには、正しい歯みがき方法を身に付けることが大切です。当クリニックではお子様の口腔内に合った歯みがき方法をお教えし、お口の健康をサポートします。

シーラント
治療前

治療前

治療後

治療後

奥歯には深くて複雑な溝があり、食べカスが溜まりやすいうえに歯みがきがしづらくなっているため、虫歯になりやすくなっています。この溝に歯科用プラスチックを埋めることで虫歯を予防します。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯に強い歯をつくります。なお、1回の処置で虫歯の予防効果が長続きするわけではないため、定期的に行いましょう。

過剰歯の抜歯

稀に、乳歯でも永久歯でもない余分な歯「過剰歯」が生えてくることがあります。過剰歯は、歯みがきのしづらさから虫歯を招いたり、歯列を乱したりするおそれがあるため、抜歯することがほとんどです。当クリニックでは、過剰歯の抜歯に対応しており、必ずCTで正確に検査して治療しております。

お子様の矯正治療(一期治療)

お子様の矯正治療(一期治療)

現代の子どもの顎は小さい傾向にあるため、歯がすべて並びきらずに歯並びが乱れてしまうことがあります。小さい頃の歯並びの乱れは永久歯に生え替わっても影響するため、幼少のうちから気になる歯並びや咬み合わせを整えておくことは大切です。幼少の頃から矯正治療をはじめると、顎の成長を利用できるため以下のようなメリットが得られます。

  • 抜歯のリスクが減る
  • 大掛かりな手術のリスクを避けられる
  • 矯正期間が短くて済む

また、思春期に入る前に口元の見た目のコンプレックスも解消できます

一期治療には決まった開始時期はなく、人それぞれで異なります。とはいえ、早めに検討するにこしたことはありません。お子様の歯並びや咬み合わせで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

床矯正
床矯正

当クリニックでは、一期治療において「床矯正」を行っています。床矯正とは、永久歯が正しく生えそろうように顎を拡げていく治療です。取り外しのできる入れ歯のような装置を歯の裏側に装着することで、歯がきれいに生えそろうスペースを確保します。食事や歯みがきの際には取り外せるため、ストレスなく治療を継続していただけます。ただし、あまり長い時間外していると計画通りに治療が進まないことがありますので、注意が必要です。

ページ上部へ戻る