歯を失ってしまった方へ

失った“噛み心地”を取り戻す ~インプラント~

インプラントとは

インプラント治療とは、入れ歯と同様に、失ってしまった歯の機能を回復する治療法の一つ。歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を被せます。人工歯根は顎の骨に強固に結合するため硬いものでも思いきり噛め、人工歯には審美素材のセラミックが用いられるため自然な見た目を再現できます。

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
メリット
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
メリット
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
デメリット
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
デメリット
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

CTを使用した安全かつ的確なインプラント治療

CT

CT

インプラント治療は手術をともなうため、精度の高い診断、正確な治療技術が求められます。
当クリニックでは、顎の骨を詳細に確認できるCTを使用し、最適な治療計画を立案するだけでなく、
安全かつより的確なインプラント治療を行っています。

インプラントの流れ

1.カウンセリング

お悩みや治療に対するご要望を親身になってお伺いします。その後、インプラント治療についてご説明します。わからないことなどがありましたら、遠慮なくおたずねください。

2.診査・診断

インプラント治療に必要なデータを採取します。CTや口腔内カメラなどを用い、顎の骨の状態や咬み合わせなどをチェックします。

3.治療計画のご説明

診断結果をもとに、最適な治療計画を立案し、わかりやすくご説明します。疑問点などがありましたらお気軽におたずねください。ご納得いただけるまでご説明します。

4.一次手術

CTをもとに作製した「サージカルテンプレート」を用い、歯ぐきを切開せずにインプラントを埋入する穴をあけ(ドリリング)、インプラントを埋め込みます。

【局所麻酔を行いますので、痛みの心配はありません】

当クリニックでは、「局所麻酔」を行っています。局所麻酔では、治療箇所に直接麻酔薬を注入することで血管を収縮させ、痛みはもちろん出血を少なくし、スムーズな治療を可能にします。患者様の負担も少なく済みます。

4.二次手術

インプラントと顎の骨の結合が確認できたら、インプラントの上部に人工歯との接続部「アバットメント」を取り付けます。(※必要がある場合のみ、二次手術を行います。)

5.人工歯装着

咬み合わせを考慮して作製された人工歯を装着して治療は完了です。

6.メンテナンス

インプラントを長く快適に使うためには、日々の丁寧な歯みがきのほかに歯科医院でのメンテナンスが欠かせません。定期的に歯科医院に通いましょう。

インプラント治療の種類

ALL ON 4

すべての歯を失った方に対して、片顎に4本のインプラントを埋め込み、それを固定源として総入れ歯を装着する治療法です。ズレやガタつきがなく、硬いものでもしっかり噛めます。

ALL ON 4の症例

下記は、「上側の歯がグラグラしていて何とかしてほしい」とご依頼を受けた症例です。1日の間で残っている歯を抜歯してインプラントを装着し、その日の内に仮歯を装着してご帰宅いただきました。3か月待った後に型を取り、最終的に補綴物を被せて治療を完了いたしました。

治療前

治療前

仮歯装着

仮歯装着

治療後

治療後

オーバーデンチャー

最低2本(片顎)のミニインプラントを固定源とし、お手持ちの入れ歯を固定する治療法です。ALL ON 4に比べ身体の負担が少ないうえに、治療費が安価に済みます。

ショートインプラント

通常のインプラントより短いインプラントを用いた治療法です。おもに顎の骨が少ない場合に採用されます。「身体への負担が少ない」「顎の骨を造成する必要がないため全体の治療費が安価に済む」といったメリットがあります。

抜歯即時

抜歯したその日にインプラントを埋入する術式です(通常、抜歯してからインプラントを埋入するまでにはある程度期間が必要になります)。インプラント埋入後には仮歯を入れることができるため、歯がない期間がありません。ただし、患者様の症状次第では、できない場合もございますので、ご了承ください。

骨造成法

インプラント治療の際、インプラントを埋め込むのに十分な顎の骨量が必要になります。顎の骨が足りない場合は、できる限り上記の「グラフトレス」「ショートインプラント」などで対応しますが、それでもインプラント埋入が難しい場合には、以下のような骨造成法を行います。

サイナスリフト
サイナスリフト サイナスリフト サイナスリフト

上顎の上の空洞に移植骨や骨補填材を充填し、空洞底部の位置を上げ、インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保します。

GBR法
GBR法 GBR法 GBR法

「メンブレン」という人工膜で顎の骨が再生すべきスペースを人工的につくり、歯肉の侵入を防ぎながら骨の再生を促します。

ピエゾサージェリー

骨採取が必要な場合は、ピエゾサージェリーで施術を行うと、手術後の傷の治りが早いというメリットがあります。

メンテナンスがインプラントを健康に保つ秘訣です

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病に似た病気「インプラント周囲炎」になってしまうことがあります。インプラント周囲炎になると、歯周病と同様にインプラント周囲の歯ぐきに炎症が起き、顎の骨が溶け、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。そうならないためには、日々のブラッシングに加えて歯科医院での定期的なメンテナンスが欠かせません。

当クリニックでは、インプラント治療後の積極的な定期検診の受診をおすすめしています。インプラントを長く快適に使い続けるために、メンテナンスに取り組みましょう。

ページ上部へ戻る