歯ぐきから出血した

歯ぐきに異変を感じたら ~歯周病治療~

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が毒素を出して歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を静かに破壊していく病気です。まず歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が徐々に溶かされ、最終的には支えを失った歯が抜け落ちます。

初期の自覚症状に乏しい歯周病。成人の約8割がかかっている、もしくは予備軍とされています。また、歯を失う原因の第一位ともされており、“国民病”といわざるをえなくなっています。

歯周病かも?チェックリスト

あなたも知らないうちに歯周病になっているかもしれません。以下のチェックリストで一つでも当てはまるようならお早めにご相談ください。

チェックリスト

歯周病の進行段階

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎

重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の検査法・治療法

検査法
ポケット診査 歯周ポケットの深さを測定します。歯周ポケットが深いほど歯周病が進行していることになります。
歯の動揺度の検査 歯のグラつきを確認します。グラつきが大きいほど歯周病が進行していることになります。
CT検査 CTを用いて顎の骨の状態を調べます。骨密度が低くなっているほど歯周病が進行していることになります。
治療法

【SRP~比較的軽度な歯周病の場合~】

歯周病菌の潜む歯石(プラークが石灰化したもの)を除去する処置です。専用の器具を用いて目に見える歯石を除去したあと(スケーリング)、歯根にこびり付いた歯石除去と同時にザラついた歯面を滑らかにしてプラークなどの再付着を防ぎます(ルートプレーニング)。

【歯周外科~重度の歯周病の場合~】

重度にまで進行した場合、正常な状態を取り戻すために歯ぐきを切開しての歯石除去のほかに、溶けてしまった顎の骨の再生を促す「歯周組織再生法」を行う必要があります。

フラップ手術 歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯根に付着したプラーク・歯石、感染した組織を除去します。
歯周組織再生法 エムドゲイン 骨を再生させたい箇所と歯肉との間に「エムドゲイン」という薬物を注入し骨の再生を促します。

治療より予防が大切です

治療より予防が大切です

歯周病は原因がはっきりしているため予防できる病気です。予防のためには日々の歯みがきで歯周病の原因であるプラークを除去することが重要。日々の歯みがきは丁寧に行いましょう。

また、セルフケアでは歯と歯の隙間など歯ブラシが届きにくい箇所があり、プラーク除去に限界があるのも事実。当クリニックでは、患者様一人ひとりに適した歯みがき方法の指導や専用器具を用いたクリーニングなどを行っています。セルフケアに加え歯科医院での処置を受け、効果的な予防を行いましょう。

ページ上部へ戻る