小児期(早期)の矯正

お子様の歯並びは親御様が気にかけてあげましょう

親御様は誰しもお子様の歯並びが気になるものです。「少し歯並びがガタガタしている」「前歯が大きくて将来的に出っ歯になるかも」などと、お子様の口元を心配されている方も多いかと思います。お子様の歯並びは見た目だけではなく、口腔内トラブルの予防や全身の健やかな成長のためにもとても重要だといえます。

お子様の歯並びは親御様が気にかけてあげましょう

神戸市西区の歯医者「ナガイデンタルクリニック」では、お子様が小さなうちに行う矯正治療「小児矯正」をおすすめしています。一人ひとりのお子様に合った矯正治療をご提案しますので、歯並びに気になるところがある場合には、お気軽にご相談ください。

お子様のこんな癖にはご注意ください

指しゃぶり 指しゃぶりをやめさせる目安は3歳ごろだといわれています。したがって2歳までの指しゃぶりは無理にやめさせる必要はありません。ただし4歳を過ぎても癖づいている場合は、開咬や上顎前突(出っ歯)の原因にもなるので注意しましょう。
指しゃぶり
口呼吸 口呼吸により、常に口を開いている状態になることで歯並びにも不自然な力が加わります。その影響で叢生(乱ぐい歯)や上顎前突(出っ歯)になる可能性があります。
口呼吸

小児矯正をするメリット

顎や体が成長する力を活かして治療が行える

成長期の子どもは、お口のなかもめまぐるしい変化を遂げています。子どもの成長に合わせて顎の広さを整えれば、小さな負担で効率良く歯列を正しい位置に導くことが可能です。もし、正常な発育を妨げるような癖があったり、歯並びが気になったりする場合は、早期に改善することをおすすめします。顎の成長をコントロールしたりすることは、成長期の子どもにしか行えません。

心の成長にもつながります

お子様の歯並びが悪いまま放置してしまうと、将来的に容姿に関してコンプレックスを抱いてしまう可能性があります。矯正治療によってお子様のお口の機能面はもちろん、精神面の成長もサポートしてあげることも大切です。自分の容姿について自信を持つことで、笑顔が素敵な明るい性格の子どもに育ってくれることでしょう。

子供のときに矯正治療を行うことによる成人矯正の際のメリット

  • 手術の可能性を減らせる
  • 顎の曲がりの程度を減らせる
  • 矯正治療の仕上がりが良くなる
  • 永久歯での矯正期間が短くなる

ナガイデンタルクリニックの子どもの矯正治療

ただいま、資料をまとめております。随時掲載してまいります。

  • 矯正治療に大切な入念な検査矯正治療について
  • 検査から診断、治療までをくわしくご紹介します矯正治療の流れ
  • ナガイデンタルクリニックの療した症例を紹介します。矯正治療症例の紹介