歯ぎしりや咬みしめやタッピング
(ブラキシズム)について

無意識に歯ぎしりや咬みしめを行っていませんか?

食事や会話などの必要に応じて咬み合わせる場合とは異なり、人は無意識に上下の歯を咬み合わせることがあります。そうした行動をブラキシズム(歯ぎしり)といいます。朝起きた際や仕事や勉強の後に、顎が妙にだるく感じた経験がある方もいるかと思いますが、気づかないうちに歯ぎしりをしている可能性があるのです。

こちらのページでは、神戸市西区の歯医者「ナガイデンタルクリニック」が歯ぎしりや咬みしめについてくわしくご紹介します。当院では、ブラキシズムなどの癖をしっかり把握したうえで、患者様にとって最適な咬み合わせを実現するための矯正治療を行っています。

ブラキシズムの症状について

ブラキシズムの症状について

人によってブラキシズムの程度や症状はそれぞれ異なるものです。無意識に行っていることが多いため、歯が傷んだりするなど症状が出るまで癖に気づかないことも多いようです。また、ストレスが原因となることが多く、睡眠中にも起こることがあるそうです。

ブラキシズムには、いくつかパターンがあり、大きく分類すると3つになります。以下ではその3つの症状についてくわしくご説明します。

症状1:歯ぎしり(グラインディング)
もっとも有名で多くの人に認知されているブラキシズムの症状です。歯を強くこすり合わせる癖であり、ゴリゴリやギシギシといった大きな音がすることもあります。眠っている間に発生するケースが多く、歯のすり減りが生じる可能性があります。
症状2:咬みしめ(クレンチング)
上下の歯を強く咬みしめる(食いしばる)癖です。
症状3.タッピング
上下の歯をカチカチと連続的に速く咬み合わせる癖のことを指します。歯ぎしりや咬みしめに比べて症状が見られるケースはまれであるといえます。

ブラキシズムをしても問題ない咬み合わせの実現を

ブラキシズムは強く咬み合わせることで歯質が傷つくなどネガティブなイメージが先行しがちです。ただし、幼児期の子どもにとってブラキシズムが咬む力の強化につながるように、大人の場合でもブラキシズムがすべて悪影響を与えるわけではありません。なぜならブラキシズムには「ストレスマネジメント」に効果があるからです。

現代社会では、多くの人がさまざまなストレスを抱えながら生きています。ブラキシズムは自分の中に溜め込んださまざまなストレスを無意識に発散される有効な手段としても認識されています。そのため、ブラキシズムをむやみに行わないようにすることによって、ストレスのはけ口を失うことになりかねません。

ブラキシズムをしても問題ない咬み合わせの実現を

ただ、ブラキシズムによって歯に負担がかかることもまた事実です。歯に負担がかかり、歯質が弱まると虫歯にかかりやすくなったり、歯がかけたり、顎関節症になったりする可能性が高まります。そのため、ブラキシズムをしても歯に負担をかけない咬み合わせにすることが大切です。具体的な治療方法は以下の通りです。

  • 咬み合わせに合っていない人工歯(被せ物)を再作製する
  • 矯正治療を行う

上記のように、ブラキシズムが起きないようにするよりも、起きても問題ない咬み合わせにすることが大切です。当院では、患者様の症状(歯ぎしりや咬みしめ)などをしっかりうかがったうえでブラキシズムを続けても問題ない咬み合わせを目指して矯正治療を行っています。

また、歯への負担を減らすために、マウスピースを装着するのも効果的です。