矯正治療について

正確な矯正治療を行うために入念な検査が必要です

神戸市西区の歯医者「ナガイデンタルクリニック」では、より正確な治療を行うために必ず入念な検査を実施しています。咬み合わせの状況を把握するためにさまざまな検査をすることで初めて、患者様一人ひとりに合った“ずれのない治療”が実現できるのです。

矯正治療のための大切な検査

不正咬合の原因となる顎の位置のずれを把握し、正確に治療を行うためには、精密な検査が必要です。当院では、患者様一人ひとりが個別に抱えている咬み合わせの問題点を分析するための検査を実施。検査内容にもとづいて患者様の不正咬合の原因を分析します。

咬み合わせは誰一人として同じものが存在しないだけに、患者様に最適な提案を行うにはさまざまな角度から不正咬合の問題点を分析する必要があるのです。

口腔内写真・顔貌写真撮影

口腔内写真・顔貌写真撮影

矯正治療を行うにあたって口腔内写真や顔貌写真を撮影することは非常に重要です。矯正治療は、長い期間をかけてゆっくりと歯列を整えていくため、治療の経過を記録として残す必要があります。それは治療前の乱れた歯並びや咬み合わせの状態と治療後の整った状態の口腔内を見比べることによって、どのような変化があったかを正確に把握することができるからです。

治療ごとにお口の中の写真を撮らせてもらいますので、治療状況のご説明の際には患者様といっしょに確認させていただきます。

セファロ(頭部X線規格写真撮影機)

セファロ(頭部X線規格写真撮影機)

セファロは顔の骨格を調べるために使用される矯正歯科用の特別なレントゲンです。特にセファロで撮影した横を向いた状態の写真があることで、患部の状況を正確に把握できるため、治療の精度向上につながります。

セファロの最大の利点は、治療前・治療中・治療後などそれぞれのタイミングで撮影することで骨格の成長の変化や歯の移動を観察できる点です。矯正治療前の診断時、矯正治療中の状態確認時、矯正治療終了後の経過観察時のセファロを見比べることによって、咬み合わせの変化の把握やリスクの特定、的確な対処を行えます。

キャディアックス(顎の動きを計測する機器)

キャディアックス(顎の動きを計測する機器)

顎機能咬合診断診療プログラム装置のことです。装置を装着することによって得た顎の動きや咬み合わせのデータをコンピュータで解析します。また、キャディアックスで記録したデータにもとづいて咬合器を調節したり、セファロ分析と照合して治療計画を立てたりするなど、他の機器と連動させることでより精密な診断が可能となります。

咬合器

咬合器

咬合器に模型を取り付けることにより顎運動や咬合位置を再現することができます。

矯正治療の際の抜歯について

不正咬合を正して根本から治療を行うためには、原因となる「奥歯のかみ合わせの不調和」を直すことが不可欠です。親知らず や過剰歯が奥歯のかみ合わせの不調和を生むことがほとんどなので、そうした歯がある場合は抜歯をおすすめします。 当院では咬み合わせを詳細に検査した後に抜歯するか否かを決定します。また、かみ合わせの不調和を生むような親知らずや過剰歯がない場合は抜歯の必要性はありませんので、ご安心ください。

ナガイデンタルクリニックの矯正治療

ただいま、資料をまとめております。随時掲載してまいります。

  • 子どものうちに整える正しい歯並び・咬み合わせ小児期(早期)の矯正
  • 検査から診断、治療までをくわしくご紹介します矯正治療の流れ
  • ナガイデンタルクリニックの療した症例を紹介します。矯正治療症例の紹介